フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

インドのおばさんのカレーを作るのだ。

伯母さんは、
インド人の伯父さんの為に、
(日本でもインド料理が作れる様に)
スパイスをインドからもってきていました。



今回のカレーで使用するのは、

P7160335_convert_20101129221522.jpg

まさに、
漢方スパイスセミナーで教えてもらった、
3つのスパイス、


 小豆蔲(しょうずく)=???=カルダモン

カルダモン
香りの王様と言われ、
インドのチャイにも使用される。
うなぎにかけても美味しい。
脂肪を分解する働き、
お腹を冷やして調子を整える働き、
脳の血流を促す働きがある。



 桂皮(けいひ)=???=シナモン

img2fb980fbzik9zj.jpg
漢方薬の処方で多く(7割)使用される。
甘みを引き立てる働きがある。
体内に入っている水分を出す働きがある。



 丁字(ちょうじ)=???=クローブ

choko.jpg

漢方薬(胃腸の働きをよくする)や、
お線香の原材料として使用される。
強い抗菌力(植物の中で一番)を持つ。
歯の痛み止めとしても使用される。



と、




 月桂樹(げっけいじゅ)=月桂樹(げっけいじゅ)=ローリエ

relayCAGAI6AU.jpg
肉の臭みを消す。
清涼感あふれる香りがする。
粉末は抑臭剤、胃腸薬、リウマチなどに効果がある。
インドの家庭のお庭には、
ローリエの木が当たり前のようにあるそうです。
(写真のものも、家のを摘んできた、だから折れてる。)



あとは、写真には載せてないですが、



 鬱金(うこん)=鬱金(うこん)=ターメリック

うこん
カレー・たくあん・マスタード・マヨネーズの
黄色の香料。
日本では、春うこんは「胃腸に良い」、
秋うこんは「肝臓に良い」と言われている。



 生姜(しょうきょう)=生姜(しょうが)=ジンジャー

sa-photo0016.jpg
血液の循環を良くして、体を温める。
風邪に一番良く効く。
胃腸薬、矯臭薬(口臭消し)、発汗剤、食欲増進などによく効く。



 大蒜(たいさん)=大蒜(にんにく)=ガーリック

taisan.jpg
風邪の予防に効果がある。
強い殺菌作用を持つ。
強壮作用などの効力を高める働きがある。




以上、7つのスパイスを使います。



漢方のセミナーに行くまでは、
知らずに使用していたスパイスもありました。

snap_utena77_201011123228.jpg

勉強して良かったぁ。


このカレーは、
うちの旦那様をはじめとする、

「お酒最近たくさん飲んでる」
「胃腸の調子が悪い」

という男性の方には、
とてもいいカレーなのではないデスか。


美味しいだけじゃなかった


伯母様に感謝。






【材料】(多分4人前)
※インドの家庭料理は、目分量なので、表記も目分量です。

〔スパイス〕
P7160335_convert_20101129221522.jpg

・クローブ 4粒
・ローリエ 大なら2枚
・カルダモン 2粒
・シナモン 木の幹なら指の太さぐらいか、1.5倍の大きさ・第一関節ぐらいの長さ
・ターメリックパウダー ティースプーン2-3杯
・生姜   固まりの半分ぐらい(にんにくと同じぐらいの量)
・にんにく 1/2個


〔その他〕
・たまねぎ 1.5~2個
・鶏肉(ムネorモモ)2枚
・じゃがいも 中くらいのが5-6個
・プレーンヨーグルト ブルガリアなら半分。
・塩



すごーく適当に見えますが、
作ってみると、
分量が適当でも美味しく作れるので、
(この料理下手・味覚音痴のワタシでも作れた)
ご安心ください。



だまされたと思って、作ってもらえるとわかります。
分量は、好みで決まってるんだーってわかります。
だから、どんどん自分味に変えていけます。



【下準備】

〔スパイス〕
・生姜とにんにくをすりおろす。
・カルダモンは、包丁の柄で潰しておく。



〔その他〕
・鶏肉は好みの大きさに切り(ワタシは一口大に切っています。)、
 ヨーグルトとターメリックに漬ける。
 この時に塩で味をつけておく。
 (次に味付けするのは、仕上げのときの調整なので、ここでしっかり味付けしてOKです。)
 半日つけると更に柔らかく出来るそうです。
 ↓ワタシは、ヨーグルト多めで作っています。
P7160325_convert_20101129221643.jpg

・たまねぎは、みじん切りにする。
・ジャガイモは、食べやすい大きさに切っておく。





と、いう事で、
料理レシピのブログには有るまじき・・・




 つづく 



普通は、こんなところで分割しないよね・・・
と思いながら、

次回頑張ります。




ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。