フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

漢方はスパイス。ガラムマサラをつくるのだー。

引き続き、
OZmall主催の、東京体験・1dayセミナー。


「薬日本堂・漢方ミュージアム」

『“自分ブレンド”を作るスパイスセミナー』



【前回の漢方ブログ
『キレイの力を高めるのだー。』
『まずは、漢方の説明を聞くのだ。』
『自分味の調合・スパイス作り。』
『自分味の調合・ゴコウフンを作る。』



ようやく最終回です。
今回も、よろしくお願いします。



    


イメージ 2 『次は、みなさんご存知の、
         ガラムマサラを作ります。』




ガラムマサラは、
混合香辛料で、
何種類かのスパイスを独自の処方で組み合わせた
インドを代表するスパイスです。

通常3~10種類のスパイスを配合して作りますが、
インドではそれぞれの家庭で、
独自に配合するので、
家によって配合が違います。

日本で言う、
「おふくろの味」といったイメージです。


snap_utena77_201011323399.jpg
ふと、
長谷川町子さんの生まれがインドだったら、
かつおは、なんと言う名前だったのだろう。。
そんな事を考えてしまった。





イメージ 2 『ガラムマサラは、家でつくったカレーに少し加えるだけで、     
         風味がぐんと良くなります。』



他にも、
七味唐辛子と混ぜて、チキンにまぶして焼くと、
「タンドリーチキン風」、

ケチャップと混ぜて、ソーセージにつけて食べると、
「大人のおつまみ」に、
アレンジできるそうです。







.ガラムマサラ

注意)材料・レシピは頂いた資料の通りですが、
 材料の効能・写真は、
 勉強のために自分で調べたものなので、
 間違いがあるかもしれません。






【材料】

引き続き、
漢方名=日本名=スパイス(ハーブ)名
で書きます。



 馬芹(うまぜり)=???=クミン

300px-Cumin-spice.jpg
カレー粉特有の香り。
タンドリールチキンにも使用。
漢方の効果よりも、香り付けの要素が強いようです。
(調べてもわからなかった)


【11/25追記】
クミンの効能を教えていただきました!

>消化を促し、胃腸内のガスがたまることを防ぐ効能があり、熱帯地方では腹痛時や、
>また肝機能を高めるために利用されているそうです。

>カレーはもちろん、アフリカ料理のクスクスにも欠かせないハーブです^^

教えて頂いた、そらゆきさんのブログには、
ハーブや果物など、ステキなお庭の写真があります。
そらゆきさんのブログ






 小荽子(こずいし)=香菜=コリアンダー

00022.jpg
葉っぱは、中国ではシャンツァイ、
タイではパクチーと呼ばれています。
麻疹(はしか)の初期症状に効果がある。
1600年代イスラエルでは、日焼け、肌荒れを防ぐ効果のある
化粧水が作られた。



 小豆蔲(しょうずく)=???=カルダモン

カルダモン
香りの王様と言われ、
インドのチャイにも使用される。
うなぎにかけても美味しい。
脂肪を分解する働き、
お腹を冷やして調子を整える働き、
脳の血流を促す働きがある。



 桂皮(けいひ)=???=シナモン

img2fb980fbzik9zj.jpg
漢方薬の処方で多く(7割)使用される。
甘みを引き立てる働きがある。
体内に入っている水分を出す働きがある。



 鬱金(うこん)=鬱金(うこん)=ターメリック

うこん
カレー・たくあん・マスタード・マヨネーズの
黄色の香料。
日本では、春うこんは「胃腸に良い」、
秋うこんは「肝臓に良い」と言われている。



 蕃椒(ばんしょう)=唐辛子(とうがらし)=レッドペパー

20071009191529.jpg

唾液を多く分泌させ(飲み込みやすい)、消化を助ける。
意を強くする。
ビタミンC・Eが含まれている。








【作り方】


 クミン2・コリアンダー4・カルダモン1・シナモン0.5・ターメリック2・レッドペッパー1の割合でとる。

P6230341_convert_20101125002753.jpg




 混ぜる!

P6230342_convert_20101125002847.jpg


キレイなのだー
砂絵みたい・・

P6230343_convert_20101125002917.jpg




 出来た!

P6230344_convert_20101125002948.jpg






なんと充実したセミナーでしょう

2時間で、説明も実習もやると、
本当に入り口までしか出来ないのだけど、
漢方もスパイスも、
非常に興味深い世界だと、
知る事が出来ました。




そ・し・て



途中で疑問に思った、

漢方・スパイス・香り
の関係。

それに通じる1Dayセミナーを、
薬日本堂さんでやっているのを発見っ


手作り『におい袋』セミナー
「和の香り」セミナー


年内は終了しているようなので、
年明け行ってみたいな~











そして、
おみやげの
手作りスパイス3種類と、


他にもたくさんスパイスの
プレゼントを頂けたので、
ちょっと紹介シマスね。



P6230345_convert_20101125004601.jpg
このスパイスを、
オリーブオイルに2~3ヶ月つけておくと、
タバスコ感覚で使える調味料になると。
パスタに合うそうです。


P6230346_convert_20101125004623.jpg
1~1.5リットルの水を入れ、
5分ほど煮る。
沸騰したら紅茶の葉を入れ、
5分蒸らしてから飲む。
とても美味しい。


P6230347_convert_20101125004757.jpg
ナツメグ(大きい実なので、すりおろして使う。)と陳皮。


P6230348_convert_20101125004647.jpg
仁丹さんと薬日本漢方堂のコラボカレー。
おいしそう!!


他にもペッパーとか色々ありました。
うれしーー




この後ワタシは、
どうしてもガラムマサラをカレーに入れてみたくて、
目に付いたカレー屋さんで、
ガラムマサラを大量に入れて食べたのでした。。


辛かったけど、
すごーくおいしかったデス




 おしまい 


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 4 Comments

そらゆき  

クミン

こんにちは!
なんて素晴らしい*^^*
こういうのって、自分で材料を全て揃えて作ると
けっこう良いお値段になってしまうので、
こういうセミナーで、きちんと教えて頂けるのは
嬉しいですよね^^ しかも1人で本とにらめっこするより楽しいし♪

ウマゼリ=クミン
消化を促し、胃腸内のガスがたまることを防ぐ効能があり、熱帯地方では腹痛時や、
また肝機能を高めるために利用されているそうです。

カレーはもちろん、アフリカ料理のクスクスにも欠かせないハーブです^^

2010/11/25 (Thu) 16:35 | REPLY |   

松虫ウテナ  

Re: クミン

そらゆき さん

ありがとうございます!

そうなんです、とても良いセミナーでした!!
たくさんスパイスも頂いて、
(先生が、レッドペパーがかなり良いものと言っていました。)
3000円のセミナー料は、
かなりお得感がありました!!

おっしゃるとおり、
一番最初は一人だと、
楽しさがわからないうちに、
難しいと判断してしまったと思います。
とても良いタイミングでセミナーにいけました!


そして、クミンの効能ありがとうございます!
ブログに追記させていただきます!

そらゆきさんみたいに、
ハーブやスパイスが、
生活の一部になっていると、
ステキだなぁって、
本当に思いマス。


もう少し勉強して、
春には畑を探しに行きたいです。

グリーンスムージーででた、
果物の皮を、
大きなポリバケツに入れて、
土を作り始めました。


土が少なかった様で、
果物の皮に土がまぶしてある状態です(笑)


畑が難しくても、
ベランダに体に良い食べられるものを、
作りたいです!

2010/11/26 (Fri) 00:14 | REPLY |   

そらゆき  

こちらこそ!

こちらこそ、私のブログ紹介まで して頂いて、
ありがとうございます><、

畑 見つかるといいですね~
うちのほうも春になると貸農園の情報とかあるので
私も もう少し(?)植えたい植物があるので、
要チェックしています(笑)

2010/11/27 (Sat) 08:01 | REPLY |   

松虫 一郎  

Re: こちらこそ!

あはは、もう少し!
良いですね(笑)

そらゆきさんの様に、
食卓や生活のもとが、
畑にあるって素晴らしいと思います。

2010/11/29 (Mon) 14:08 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。