フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

漢方はスパイス。自分味の調合・スパイス作り。

ブログ、
お休みしておりました。
が、
休んでいた日にたくさんの経験をインプットしたので、
早くアウトプットする為に、
出来るだけ書きたいと思いマス。

感動を忘れないうちに
ワタシの忘却力は、凄まじいのです。

頑張って書きますので、
またお読み頂けると、
ウレシイです。





    


引き続き、
OZmall主催の、東京体験・1dayセミナー。


「薬日本堂・漢方ミュージアム」

『“自分ブレンド”を作るスパイスセミナー』

untitled.jpg


【前回の漢方ブログ
『漢方はスパイス。キレイの力を高めるのだー。』
『漢方はスパイス。まずは、漢方の説明を聞くのだ。』



さてさて、続いてお楽しみの、
『スパイス作り』です




    


イメージ 2 『今日は3種類のブレンドスパイスをつくります。』



とうとうやってきました。
すごく楽しみにしていた、スパイス作り








.七味唐辛子

注意)材料・レシピは頂いた資料の通りですが、
 材料の効能・写真は、
 勉強のために自分で調べたものなので、
 間違いがあるかもしれません。



【材料】

漢方名=日本名=スパイス(ハーブ)名
で、書いてみました。


 蕃椒(ばんしょう)=唐辛子(とうがらし)=レッドペパー

20071009191529.jpg

唾液を多く分泌させ(飲み込みやすい)、消化を助ける。
意を強くする。
ビタミンC・Eが含まれている。



 陳皮(ちんぴ)=みかんの皮=マンダリン

チンピ
ペクチン・フラボノイド・クエン酸を多く含む。
漢方では良く使われる。
風邪にきく、胃腸薬や体を温める効果がある。
古ければ古いほど良いとされている。



 麻子仁(ましにん)=麻の実=ヘンプシード

masinin.jpg
潤腸通便、滋養補虚。
大麻の種。
販売されているものは、芽が出ないようにしてあるもの。



 罌粟殻(おうぞくこく)=芥子(けし)の実=ポピーシード

385_1.jpg
鎮咳、鎮痛、鎮静。
阿片の種。
販売されているものは、芽が出ないようにしてあるもの。

漢方で、「芥子(けし)/ケシ科」と検索すると、
「芥子(がいし)/アブラナ科」=「からし」という言葉しか出てこなくて、
理解するのが大変だった~

【日本の芥子(けし)は間違っている。】
アブラナ科のカラシナの種子とケシの実は似ていて、
中国では、カラシナの種子を芥子(がいし)と書き、
芥子を誤ってケシと読み、種子が似ているのでケシとなった。
罌粟(おうぞく)はケシの中国名。



 花椒(かしょう)=山椒(さんしょう)=ジャパニーズペッパー

kasho.jpg
温中、止痛、殺虫。
寒い時には保温剤として用いたりします。
回虫による腹痛、嘔吐などに、
殺虫止痛作用の効果があるので使用します。


 胡麻仁=胡麻=セサミシード

goma.jpg
肝と腎を補う作用、滋養強壮作用がありますので、
古来より不老長寿の食品として知られています。
若白髪、足腰の弱り、便秘、めまい、耳鳴りなどに効果があります。



 ???=青海苔=???

調べた限りでは、
漢方・スパイス(ハーブ)共に見当たらず・・・
香り付けだったのかな?

栄養は、カロチン・カルシウムを多く含むそうです。





今回は、胡麻の替わりに、
「ホワイトペッパー」を使うそうなので、
一緒に調べました。



 白胡椒(しろこしょう)=白胡椒=ホワイトペッパー


sirokosho.jpg
胃腸薬として使われる。
胃腸を温める効果がある。





こうやって、七味唐辛子をみると、
実はお腹にいい成分が入っているんだな~。。






【作り方】

白胡椒を半分ぐらいつぶす。

小さいすり鉢と、小さなすりこぎで、
ガスガスやります。


P6230335_convert_20101121131934.jpg

こんな感じ。




麻の実(小さじ1)・ケシの実(大さじ1)・山椒(小さじ1/2)・唐辛子(大さじ2)・青海苔(大さじ3)
を加え、混ぜる。


P6230336_convert_20101121134208.jpg


なんとキレイな色でしょう。

この後は、自分好みに、
材料を加えていきます。


ワタシは、辛いものが大好きなので、
「唐辛子」と「山椒」を追加しました。






そして・・・

出来た



P7260415_convert_20101121143557.jpg


見るからに辛そうな、
七味唐辛子ワタシバージョン


味見をしてみると・・・




でも、青海苔の風味、ほのかに香るみかん皮の香り、

自分で作る七味唐辛子って、
こんなに風味豊かなんですねー

すごく、おいしい。





イメージ 2 『次は、五香粉をつくります。』



ゴコウフン??
次のスパイスも楽しみです。



 つづく 


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。