フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

漢方はスパイス。キレイの力を高めるのだー。

またまた、また、
行っちゃいました。


OZmall主催の、東京体験・1dayセミナー。




今までの出席ブログはコチラ
1回目 毛穴からバラの香り。①
2回目 美オーラUP・グリーンスムージー初体験①

実は今回で4回目。
3回目は、今度触れようと思います。




今回は、ずっと気になっておりました、

『漢方』 シリーズの第三弾。


1]
(抜粋)
中国で生まれて日本で発達した、薬日本堂の漢方が大切にするのは「養生」という言葉。
これは、自分が持っているキレイのチカラを高めるための方法で、
続けることでカラダのバランスを整えてキレイで健康なカラダをめざせるのだとか。




病院、キライ。

クスリ、キライ。

漢方、興味アル。

デモ、高イ。




そんな中、
なんと興味深い今回の1dayセミナー。





『“自分ブレンド”を作るスパイスセミナー』

untitled.jpg


漢方なのにスパイス


確かに、
ターメリック(スパイス名)は、ウコン(漢方名)だし、
ローリエ(スパイス名)は、月桂樹というのは知っているけれど・・・




知りたいときは、何事もチャレンジ。

久しぶりのフェロモン部、部長。


『題名/カレー味の筋斗雲にのって。~中国の旅~』

行くわよ~






    


今回の会場は、
品川駅から徒歩4分、
『薬日本堂・漢方ミュージアム』




「一に養生、二に漢方」
「養生」とは、生(いのち)を養うこと。
つまり、「自分の健康は、自分で作る」といった、主体的で前向きな姿勢と考えます。
大自然のリズムに沿った規則正しい生活、「正しい心の持ち方」と「正しい生活」で
毎日を過ごせるように、自分に合う方法を見つけていく、
そんな「生きる力」が、健康な生活へとつながります。


(薬日本堂HP・「創業の思い」より抜粋)




写真を撮影するのを忘れてしまいましたので、
OZモール・東京体験より拝借しました。

イメージ 3
漢方ミュージアムは、
世界初の漢方養生ライフの提案型複合ショップで、
スクール以外にも、
漢方レストラン・漢方ブティック・漢方スパと、
漢方の力をフルに体験できる場所です。



そして、セミナー会場
イメージ 4
当日は、みんながぐるりと座れるようになっていました






まだ、会場の空気は緊張している・・・

一人、落ち着かないでいると、






イメージ 2(先生)


『せっかくなので、皆さん、仲良くなってください。』

『おしゃべりして、仲良くなってください。』

とっても、お茶目感のある先生が、
皆に声をかけました。






しかし、

そこはワタシも含めて、
みなさん日本人的な反応・・・








先生はずっと、


『おしゃべりして、仲良くなってください。』


と、皆に声をかけ続けています。








だんだん会場に人が増え始め、
机の上にある、

P6230334_convert_20101115235701.jpg

こういう入れ物に入った漢方の匂いをかいだり、





P6230333_convert_20101115235726.jpg

セミナーの資料を見たり、
(見てるだけでワクワクするでしょー






フリードリンク(って言っていいのかな?)の

漢方のお茶(陰陽五行からブレンドしたお茶)
gojuncha_mainvisual_01_convert_20101116000202.jpg

を飲んでいる間に、
なんとなく、あったかい空気が流れ始めました。




そして・・・



待望のセミナーがスタートです






 つづく 


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。