フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

気になる③ 塩を選べる女になる。

突然ですが、

今日のテーマは、『塩』デス。



8月の食月間は、

「体は食べ物でできている

を、ワタシに教えてくれました。




以前のブログ、( 食月間のしめくくり・・・行き着く先は、 )
で、出会った一冊の本。





「先人の料理法に立ち返る」


をベースに、
フランス菓子のパテシエ 、弓田亨さんと、
キュイジニエール(料理人) の、椎名眞知子さんが書いた、
ビックリレシピの、美味しい料理を教えてくれる本デス。



食べ続けると体が健やかになる点は、
グリーンスムージーと一緒デス





まだまだ、勉強・実践中のワタクシ。


この本の中の基本となる考え方のひとつに、


「海(岩)塩に立ち返る。」
「塩を怖がらない。」



が、あります。



なんとなく、精製塩は使っていませんでしたが、
塩は、取りすぎると血圧が上がる・・・と、
それもなんとなくの知識で頭に組み込まれていたものですから、
ワタシは、塩を使うのは、怖がっていたと思います。




題名)塩のプレッシャーに押しつぶされるワタシ。



そして、もともと味覚音痴なので、
私の料理には、塩っけがなく、
ぼけた料理と言われておりました。




塩は怖くない。



体が必要としている海塩の量にピタリとはまると、
素材の味わいが浮き立つ、最もうまみを感じる一点にたどりつく。



そう、体に必要な量を、
きちんととる事。





料理上手は、塩梅上手。

ワタシもその一点にたどり着きたい




と、いう事で、

塩の恐怖に打ち勝つために、

今宵は一人、塩のテイスティングをしようと思うわけです。









こんにちは。

キャベツです。


どーん。


キャベツ





切りすぎました。



軽く食べますけど。



今回テイスティングするのは、3種類の塩デス。






エントリーナンバー、1番。

黒潮 源流塩


黒潮 源流塩

現在我が家で使用中。

糠床クンの為に、
フンパツして成城石井で購入したお塩です。

黒潮 源流塩
海水塩100%

日本最西端の与那国島でつくられた、
手作りの塩。

女性二人で作っている塩だそうです!






エントリーナンバー、2番。

五島灘の甘い一番塩


五島灘の甘い一番塩

モニターとして頂いた、ラッキーで入手したお塩です。


五島灘の甘い一番塩
海水塩100%

長野県の五島列島でつくられた塩。
海水を煮詰めて、最初に浮かぶ塩を『一番塩』と言い、
最も甘く、最も苦みのない塩として、
その希少性ゆえ特別にと呼ばれ、珍重されている。







エントリーナンバー、3番。

トラディショナルソルト


トラディショナルソルト

Oisixで、商品と一緒に入っていたサンプルのお塩です。


トラディショナルソルト
海水塩100%

スロベニア共和国(ユーゴスラビアから独立)の
アドリア海に面した、ローマ時代から続く歴史ある塩田で、
手作りされた塩。
2番塩。






見事にすべて、海のお塩




さてさて、味は、どういう風に違うのかなあ 



書ききれなかったので、
次回、テイスティングです。






 つづく 



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。



築地仲卸 伏高ファンサイト応援中


これからも応援してください
関連記事

 女子力UP

- 2 Comments

ebasion  

No Title

おはようございます。。
日本の物だけでなく世界中のあらゆる塩が日本で売られている昨今、いまだ悪者扱いされる塩、じゃ、なぜこんなに種類があるのだろうって、不思議に思ったことがありませんか? 塩は昔から、身体に不可欠な重要な物だったから、、自然から生まれてきたミネラルを身体に補給する大事さを、無意識のうちに重要視していたからだと、そう思っています。
何事もバランス、そう・・塩梅が重要ですよね。

もともと、私の家では塩気が多いオカズを作る家でしたが、何十年もそれを食べ続けて、健康を害したことも無く、高血圧にも誰もならずで・・・この病気になる、ならないの差はなんのだろう???と不思議に思っていたのです。。
もともとの身体の持つ遺伝的な要素もあり、はっきりとした答えはないのですが、生まれ持ったものの要因以外で考えれることといったら、毎日の事(特に食事)しか思いつかず、そしてその考えはここ数年、強く感じるようになりました。
日頃の何気なく食べてる物、これらのの積み重ねで、何十年後の自分がどうなっているかが決まってくるのだろう、、と・・・。

ちなみに、家の父母以外の兄弟達はすべて別の地方の同じ場所に住んでおり、食事内容はほとんど一緒(オカズは1品ぐらいで食べる品目が少ない ,漬物だけでご飯を食べる・・・)。ガンになったり、糖尿病、高血圧等々を抱え、病院から色んな薬を貰っております・・・

2010/10/14 (Thu) 07:04 | EDIT | REPLY |   

松虫ウテナ  

Re: No Title

ebasion さん、
こんにちは!

塩を怖がらない、といわれて、
初めて塩を怖がっていた自分を自覚しました。

いつのまにか、
塩=悪いの刷り込みがされていたのですね・・コワイコワイ。

ブログを書くにあたって、塩は本当に体に悪いのか調べたら、
ebasion さんの言うとおり、遺伝的なものもあると書いてありました。

高血圧の要因の一つとは言われているけど、
あくまでも原因の一つ。。

なるほどなー、、TVからの情報・耳からの情報だけで、
無意識にそのものの固定概念になることって、いけないな、
自分で調べて、実践して、納得しなきゃな。

と、深く思いました。


まだまだ、いい塩梅がわからないので、
お塩と仲良くしていきたいと思います!!

2010/10/14 (Thu) 14:30 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。