フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

サーカスのアルバイト。【イラナイ・パンツ】

引き続き、
サーカスのアルバイト。

4回目です。

1回目はコチラ→サーカスのアルバイト【運命】
2回目はコチラ→サーカスのアルバイト。【衣装合わせの日】
3回目はコチラ→サーカスのアルバイト。【衣装合わせの否】


読んでくれてウレシイデス。

とってもフェロモンの無い回です。
本当にごめんなさい。
先に謝罪します。







サーカスのアルバイトが決まった夏。
ワタシは、ダンサーとして、

『超ハイレグの洗礼』を、
うけている。


ヘッドロココカチューシャを、
へアピンでガチガチにとめる。

羽が大きすぎて重い。



完全装着図。







鏡に映るワタシが、痛い。

やっぱり、カワイクない。
やっぱり、超ハイレグ。
ちょっと、犯罪の匂い。



 『出来ましたっつ



 『・・・・・』



 『・・・・・』



 『・・・パンツでてるわよ。』





 




 




イラナイ・パンツが、勝手に、挨拶してる。


これは、痛すぎる。
致命傷だ。



一生懸命衣装の中に押し込む。
予想以上のハイレグに、
パンツがついてこれなかったらしい。



それを見た他の団員の人が、
ハイレグ用パンツの作り方を教えてくれた。






イラナイ・パンツは、
両サイドをくるくるとねじり、
腰骨に引っ掛け、
ふんどし・パンツに変わる。



毎回これを行う

パンツ伸びる

イラナイ・パンツがいい。



納得。





 『Tバックでもいいんだけどね~』




・・・・・


Tバック。


10年前のTバックは、=エロ下着、的な要素が強かった。

ワタシは、家にTバックが干してあることを、
想像したくなかった。



無理。
(お母さんショックで、倒れるよ。)


ワタシは、
ふんどし・パンツで、この公演を乗り切る覚悟です。



だって、しょうが、ないじゃない。



つづきまして、
フィナーレの衣装。

見るからに、超ハイレグになりそうな衣装。

なので、全体的にぼやかします。




基本的には、この二つの衣装だけ。
ワタシの出番は、

オープニングと、フィナーレがメイン。
(この時初めて知った。)


そう、

基本的には、

この二つ。


でも、他に、2日に1回、
演目のサポートとして、
舞台にも出る、らしい。



3着目の衣装を渡された。





雷(イカズチ)。




ここまでは、1000歩譲って、
まだ、観客の皆様も、
ワタシを許してくれるだろう。


なんだかんだ言っても、
お尻は、なんとなく隠れた衣装だった。



こ・・・これは・・・








キツネ。 (らしい。)

しかも、銀色のキツネ。耳付。
しかも、お尻も隠れていない。
しかも、一番ハイレグ度高い。


なんと無防備な、銀ぎつね・・・。
山に居たら、間違いなく撃たれる。




スパンコールが、ま・ぶ・し・い
(カラス除けに最適。)





いったいワタシは、どこへ行くのだろう。



つづく
関連記事

 サーカスのアルバイト。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。