フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

乞巧奠(きっこうでん)。七夕さまを学ぶ。

いつも見ていただき、ありがとうございます


いつでも、情報はまとまってやってくるのです。

7月に入って、
突然、平安時代モードに突入する体験を2日連続でいたしました。


本日はその体験を書こうと思うのです。







7月のイベント。

それは七夕さま。


七夕さまの原型になる、
「乞巧奠(きっこうでん)」の室礼を見に、

綺陽装束研究所 早稲田「待賢殿」
に行ってきました。





待賢殿入り口




待賢殿とは


平安時代以来の雅を体験したい……
 有職故実の衣食住を体験したい……

……そんな夢を実現する空間、それが「待賢殿」です。

十二単や衣冠・束帯を着て写真を撮る…それだけではない、
感動を皆さまに味わっていただける空間。

平安時代から受け継がれた、さまざまな年中行事や人生の通過儀礼を、
その意義を踏まえた「儀式」も体験いただくことで、
むかしの人たちの「こころ」まで追体験していただけることを願って生まれた施設です。

綺陽装束研究所 早稲田「待賢殿」 ホームページより抜粋







七夕さまは、
「織姫」と「彦星」が一年に一度会う日、

五節句のひとつ、

そんな知識しか無かったものですから、

初めて見る室礼にとても驚いたのです。




乞巧奠の室礼



「七夕さま」というのは、
ざっくりというと、


中国の行事が、
元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれたもので、

平安時代は宮中行事や貴族のお祭りとして行われていた、




中国の行事は、
「乞巧奠(きっこうでん)」と言い、

7月7日の夜、織女に対して手芸上達を願う祭をするそうです。




乞巧奠の室礼 梶の葉にうた




日本に来た「乞巧奠(きっこうでん)」は、

詩歌・管弦、書道、裁縫などの上達を祈り、


海の幸、山の幸の供物をお供えし、


願い事を詠み、

梶の葉に書く。




乞巧奠の室礼 お供え物



ねじりパンみたいなお菓子は、
昔は唐果物と言っていたそうです。
(甘いもの=果物の時代で、中国の甘いものなので「唐果物」という)

唐果物の名前は「索餅(さくべい)」






乞巧奠のお祭りは、

神事ではないので、
基本的に神様はおまつりしないそうです。



それでは、
何を。。。







乞巧奠 角盥(ツノダライ)




角盥(ツノダライ)に水を張り、
星を映して、



その星を眺めていた、



星を見ながら、
和歌を詠んだりした、

ということです。。







水盥で星を見るなんて!

という感性への驚きと、


水盥に星が映るのか!!

と、またまた驚くのです。。





梶の葉を飾る



室内には、
いたるところに梶の葉がつるされていました。



本物の梶の葉は、
お水が好きなせいか、
しおしおになってしまうようでしたが、



お土産に、
紙でできた「梶の葉」を頂きました。






ミニチュアバージョンの和楽器


待賢殿では、
場所の問題で大きな楽器は飾れないので、

ひな祭りのお道具の楽器を飾ったとおっしゃっていました。






「大宮八幡宮さんでも乞巧奠のお飾りをしていて、
 そちらでは実際の楽器が飾られてますよ。」






それは行ってみよう!となりまして、

大宮八幡宮まで足をのばしたわけです。





大宮八幡宮の乞巧奠 




大宮八幡宮さま、

昨年の献茶式のお手伝いをした際に、
初めて訪れて、


ずっと長い間神聖な場所である、
というオーラに、


癒された八幡様です。




また、寄せて頂けたことに感謝なのです。




大宮八幡宮の乞巧奠の室礼


大宮八幡宮さまの乞巧奠の室礼は、
楽器がたくさん並んでいました。







大宮八幡宮の乞巧奠の室礼には神様がいる


そして、こちらには、
神籬(ひもろぎ)がありました。




大宮八幡宮さまでは、
2016年7月9日(土)に、
雅楽の演奏もあるそうです。


そして、
この時期だけの、

乞巧守(きっこうまもり)


乞巧守(きっこうまもり)。


こういった室礼なら、
我が家でもできるかな。。




もりもりの体験すぎて、
本当は、なんちゃって着付け体験もしたよ、
とか、

色々話は尽きないのですが、



書ききれるところで、
今日はここまで、なのです。




今年の七夕さまが、
楽しみなのです。








ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 未知の道

 待賢殿 乞巧奠 きっこうでん 平安時代 七夕

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。