フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

福井に行きました。【プチ登山編②】

引き続き、福井に行きました、
【プチ登山編②】デス。



けもの道を行きながら、
私の心に、不安がよぎります。


 

『きっと、この細い山道から転落しても、誰も見ていないだろう。』
『大丈夫、落ちたらとりあえず下に家が見えるから、
なんとかそこまで歩いて、そこで助けを求めよう。』

『ここに殺人鬼がすんでたらどうしよう。』
『大丈夫、人がすんでいたら、こんな道であるはずがない。』

『引き返したほうがいいのかな。』 
『女が廃る。(すたる)』
『女はこの道を選ばないだろう。』
『・・・・・。・・・紅天女の北島マヤの修行ってこんなんかな。(ガラスの仮面)』



一人、心の声と会話をしながら、
ロープの案内をたどっていくと…

ようやく頂上no気配が…



『燧(ひうち)ヶ城址』到着 


ひうちが城址

着いたじょー
ポカリを一口。
壊れかけの携帯カメラで、風景をパシャリ。
徒歩20分の予定が、30分くらいかかってるな…

もう少しのんびりしたいけど、
もう帰らなければ。

先を急ぎます。


ここから先の道は、ゆるい下り。
なんだか、走りたくなってきました。

おなかも減ったし。

達成感もあったので、走ることにしました





次の目印は、
『観音堂』です。

走る、走る

走る、走る、…はし…る…。。。


・・・・・・


…胸騒ぎ。


嫌な予感。



えとえと・・・






『この道で、いいんだっけ







頭の中に、もう一度地図。



・・・・・・・・・・



正解は、
『燧(ひうち)ヶ城址』から、もとの道を戻り
途中で『観音堂』の道に入る。


ワタクシは、
『燧(ひうち)ヶ城址』から、となりの山へ、
軽快に走っている。。。






間違い、決定。  




ここは、女が廃るとか、関係なく、
引き返すべきでしょう。

そう決めたワタシは、
自分の『前に進むしか脳がない』残念さを、
非常に残念に思いながら、

再び走るワケです。


走る、走る






『ガサガサッッっっ』















ぎゃぁぁぁぁ



鹿やんけ


ウレシイ出会いが、
不意打ち過ぎた出会いに、
お互いの寿命を縮める羽目に

鹿は横っ飛びで逃げる、
ワタシは後ろにジャンプする・・・



放心状態のワタシの脳裏に、

追い討ちをかけるように、
ドキドキする記憶がよみがえる・・・

『川に行くなら、まむしに気をつけて』
「まむしって泳ぐの~??
『この辺りは、いのししが多いから、冬はぼたん鍋たべるのよ~』

「おいしそうだねぇ~!」



もしワタシの机がタイムマシンだったら、

昨日の無邪気な自分をに、
今日のピンチを教えたい。

「山には行くな。」

と、伝えたい。




イノシシにも、マムシにも、
勝てる自信がナイっ





再び、

走る、走る


急な斜面に、しりもちをつきながら、
たどり着いたのは・・・


観音堂

ようやく着きました。。。

とっても古くて、趣のある、
小さな山のお寺です。。。

お参りして、
観音様みたいなぁ、と思いながら、
朝ごはんを食べに家路につきます。。。


後から調べたら、
福井県の有形文化財として登録されている、
『十一面観音菩薩』
があったようでした。

十一面観音菩薩

像高73.5cm。檜の一木造で写実に基調をおいて彫成されているが、裳は衣紋の彫出を単なる線であらわすなど、肉身部に比して素朴な表現である。天衣や条帛などの表出も簡素になされているが、小像ながら写実的な像である。越前海岸地域の遺例は少なく、本像は貴重な存在である。時代は鎌倉期である。
福井県の文化財HPより)


これを期に、
行き当たりばったりもいいが、
時間がない旅行こそ、
きちんと調べて行くべきだ、と感じました。


おちまい
関連記事

 ごえん

- 2 Comments

お藤  

こういうの好きです!

こう言う風景と自然大好きです!
趣のあるお寺のなんとも言えない木のぬくもりが感じられて素敵です!

2010/08/02 (Mon) 11:49 | EDIT | REPLY |   

松虫一郎  

Re: こういうの好きです!

ありがとうございます!
自然満載の大好きな福井です。
今回は、自然すきーだけでは、
許されない、自然の怖さも知った気がします(笑)

東京からきた会社員女性が、
イノシシに襲われ、重症、とか、
大人として、気をつけなければならないことがある、と思いました!

ワタシもお藤さんみたいな、
素敵なお庭がもてるようになりたいです!

2010/08/02 (Mon) 22:36 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。