フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

報恩(ほうおん)のお話。総持寺・夏期参禅講座。

いつも見ていただいてありがとうございます。



引き続き、
総持寺・夏期参禅講座のお話です。

rogosojiji.gif




思いつくままに書き出しているので、
まとまりが無いと思います。

思い出しながら書いているので、
語弊のある表現や、
うろ覚えでの間違い、

勉強不足で、
間違った言葉で書いている事があると思います。

お気づきになりましたら、
よろしければコメントにてご指摘いただけると、
勉強になります。


頑張って書き上げていこうと思います








総持寺では、
1年毎に布教理念があるそうです。

今年の布教理念は、

「報恩(ほうおん)」




夏期参禅講座の一番最初に、
三村法慧(ほうえ)老師が、
「報恩」について、
お話をして下さいました。



わかりやすく、
心を刺し、しみこむような話し方をされます。

プスっ、ジュワー、って感じです


20120529051509_131862-thumb-200xauto-160499_.jpg
(写真は、タウンニュース鶴見区版からお借りしました)





「報恩(ほうおん)とは、

 『恩に報いる』

 と書きます。」




「みなさんは、今まで、
 
 両親に育てていただいた恩、
 回りの人から頂いた恩、
 見知らぬ人から頂いた恩、
 色々な恩を頂いていると思いますが、

 それに報いる事ができていますか


※報いる…受けた事に対して、
 それに見合う行為を相手に行う。







『恩に報いる』

 一番簡単で、
 すぐに出来る事、
 
 それは…




 『ありがとう』

 と伝えることです。」





それは、
わかっているのに、
なかなか出来ていない事…

そうだよね、って心から思いました。





「これから短い絵本をよみますので、
 目をつぶって聞いてください。」






三村法慧(ほうえ)老師が読んでくださった絵本は、

おちまさとさんの
ありがとうの約束



内容がわかってしまうのですが、
わかっても手元におきたいと思う、

いい絵本だと思うので、
簡単に内容を書きますね。

(ワタシもまだ手元に無いので、思い出しながらの内容です)






「ありがとうの約束」



ある村に、
「ありがとう」という言葉しか言わない、
おじいさんがいました。


村のおそうじをする時も、
「そうじをさせてくれて、ありがとう。」

お庭でとれた野菜をおすそ分けする時も、
「もらってくれて、ありがとう。」




ある日、村の子供達が、
おじいさんに、
「ありがとう」以外の言葉を言わせようと、
イタズラをします。

でも、
おじいさんは、やっぱり、

「ありがとう」

と言うのです。



おじいさんが、
なぜ「ありがとう」しか言わないのか。

それは、
おばあさんと一緒になる時に、

「これからは、『ありがとう』としか言わないようにしよう。」

と約束をしたからです。


おじいさんとおばあさんは、約束の印に、
りんごの苗を一本植えました。





ある日、村の子供達は、
おじいさんにどうにか「ありがとう」以外の言葉を言わせようと、

おじいさんの大事にしている、
りんごの木の枝を、
めちゃくちゃにしてしまいました。


それを見たおじいさんは、
呆然とします。





そして、おじいさんは…




「ありがとう」




と子供達に話します。

子供達は、おじいさんの話を聞いて、
泣きながら、

「ごめんなさい」

と謝りました。



…おじいさんが子供達に、
 どうして「ありがとう」と言ったかは、
 絵本を見てからのお楽しみにしてくださいね






「まさに、

 この無償の、こころからの『ありがとう』が、

 『報恩』
 
 なのです。」




しかしながら、
「ありがとう」という言葉は、

自分がどのような状況に置かれているかによって、
そう感じることが出来ない事があります。


福島県で同じお話をした時に、

「この状況で、
 どうして『ありがとう』という気持ちをもてるだろうか。」

そうお話下さった檀家さんがいらっしゃいました。

その方の住んでいるところは、
放射能のレベルが下がらず、

親族・子供達・孫達が福島県を出て、
関東や近畿で生活をしています。



その方に、私はこうお話をしました。


『ありがとう』という気持ちを持つ事は、
気付く事です。

辛い状況を経験してきた今だからこそ、

『ありがとう』という気持ちに、
気付く時期がきたと、

考える事はできませんか?

(ちょっと違う言葉でお話されてたかもしれません)






ありがとう、

という言葉は、本当に不思議です。


今、ワタシの会社には、
「サンクスカード」というのがあって、

とてもステキな取り組みだ、と思い、

今まで思っていた、
「ありがとう」の気持ちを、

みんなに書きました。





一ヶ月に1回、BOXから回収されて、
給与明細と一緒にカードが届きます。

ワタシがカードを書いた翌月に、
ワタシの給与明細のなかには、


たくさんの「サンクスカード」がはいっていました。





「ありがとう」って伝えたら、

「ありがとう」って返ってきたのです。






こうやって、可視化されることで気付きました。



ひとりが、

「ありがとう」

って言うと、

もひとつ、

「ありがとう」

って返ってくるから、


自分から「ありがとう」って言うだけで、

2倍まではいかないけど、
1回以上の「ありがとう」が生まれる。



「ありがとう」

という言葉であふれていたら、

もっとみんなが気持ちよく暮らせると思うから、


そんなに大事な意味をもつありがとうなら、
もっと自分から

「ありがとう」

と言う様にしたらいいんじゃないかーーー


って、気付いたんです。

(ブログを書きながら。。)





と、いう事で、
もみもみ、考えながら書いていたら、
夜更けの時間になってしまいまシタ




長くて、
わかりにくくなってしまったブログを、


読んでいただいて、
ありがとうございます









いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 修行(坐禅・写経・写仏...)

- 2 Comments

すぅ  

素敵なお話しだね。
私も心掛けようっと。

2012/09/07 (Fri) 20:29 | REPLY |   

松虫ウテナ  

すぅちゃん

見てくれてありがとう!

いつも優しくしてくれてありがとう!


まつむし

2012/09/11 (Tue) 00:19 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。