フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

処暑。天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)。二百十日。

処暑。

天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)。

(七十二侯)



fc2blog_20120830224933d6c.jpg

朝五時の、朝焼け。
曙、でいいのかな。


ほんの1週間、2週間前は、
五時は日が昇っていたのに、
だんだん日が短くなってきました。


日が短くなると、
冬に向かう気配を感じて、
少し切ない気持ちになります。







天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)。
七十二侯。
ようやく暑さが収まり始める頃。
夏の気が落ち着き、万事が改まる時期とされます。




二百十日。
雑節(ざっせつ)。
(二十四節気・五節句などの暦日のほかに、
 季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた、特別な暦日)

立春から数えて二百十日目。
台風がやってくる日と言われています。

稲の収穫の頃に、台風が来ては大変と、
暦は注意を呼びかけます。


日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―より










日本の暦ってすごいね。

旧暦に触れ始めて、
こうやって季節を把握していくのは、
生活がしやすいなあ、

と感じ始めています。












いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 季節を感じる

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。