フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

安藤正子「おへその庭」、夜の原美術館。

友達が、
フェイスブックでUPしていた、
気になっていた展示。


ふと思い立って調べたら、
8月19日(日)までだと知り、

201207_08_18_b0101418_2544434.jpg

水曜日は、
原美術館が20時迄開館している、


今日を逃したら見に行けないかもしれないと、
流れを整えたら、

間に合いました。






夜の美術館。





初めて知った作家さん、

発表している作品が、極端に少ない、
とか、
行った方の感想、
とか、

原美術館の紹介ページ
7/12[木]-8/19[日]「ハラ ドキュメンツ9 安藤正子―おへその庭」[原美術館]

とか、

言葉の情報も入ってたけれど、



作品をみて、
そういうのが吹っ飛んじゃうほど、


すごーく、よかった




油絵の具って、
こんなに可能性があるんだね。


じーーーーっと見てる人、
たくさん、
見れば見るほど、
深く気持ちの良い絵。




ワタシ、
やっぱり絵が好きだなぁ。





と、
ふんがふんがしながら、
帰ってきました。



今もまだ、
感動の余韻に、

ふんがふんが、してます。






これは、
展示の題名にもなっている、


「おへその庭」

03.jpg

安藤さんのおなかの中に、
赤ちゃんがいた時に描いた絵だそうです。


実物は、190×140cmの作品。

実物と大きさが違うから、
印象がちがうだけでなく、

目から感じる、肌触りが、
まー、これまた、

惹きこまれます。


もう少し知りたい方は、
小山登美夫ギャラリー
安藤正子メールインタビュー[原美術館]







ビビッと来たら、
美術館へ。




原美術館
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25
ウェブサイト/http://www.haramuseum.or.jp
携帯サイト/http://mobile.haramuseum.or.jp
Twitter/http://twitter.com/haramuseum
開館時間/11:00am-5:00pm
(祝日を除く水曜日は8:00pmまで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日/月曜日(祝日の場合開館、翌日休館)
入館料/一般1,000円、大高生700円、小中生500円







いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください

関連記事

 みる時、かく時

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。