フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

清らかな花嫁、千年の友達。

高校時代からの友達が、
お嫁にいきました。


初めての、神社の結婚式。




(フライングで写真撮影にまぎれて激写モードのワタシ)
P9220718_convert_20120626005755.jpg
(写真は式の様子ではありません。お式の最中は写真がとれないので…)






おお、
写真を見返すだけで、
涙が出てしまう。。




神殿に向かう廊下は、
夏にしては珍しい、
涼やかな風。

檜の香り。



歩むごとに穢れが洗い流されていく様です。







(引き続き、興奮の激写モード中。)
P9220721_convert_20120626011032.jpg
(どうにか近づこうとする。)






雅楽の先導で、
花嫁がやってくる。



深くなり始めた緑の中を歩む、
赤い打掛の花嫁は、

それはそれはとてもキレイで、


早くも号泣。



そして鼻水。




お祓いで清められて、
式が始まります。








(更に激写モード中。)
P9220723_convert_20120626012526.jpg
季節は夏越の祓(なごしのはらえ)、茅の輪潜り(ちのわくぐり)で更に穢れがはらわれていきます。








新郎の誓いの言葉が、
神殿に響く。

力強くて、
想いがこもっていて、

嬉しくて、

再び涙。









舞楽を初めて見る。

20110502_1979132.jpg
(写真はお借りしました。)


不思議。
踊り、では無いんだねー。

動きが、
人をモチーフにしていないような、
不思議、
こういうのを、舞というのかな。

こういうものがある日本ってすごい







花嫁の神前をまっすぐに見つめる横顔に見とれて、
涙と鼻水に明け暮れるワタシ。


幸せ。

とても幸せな気持ちになる。



本当に素晴らしい、
清らかな結婚式。









そして、

ワタシまで清らかになったところで奇跡がおきる。







お式だけ参加の私達は、
時間いっぱいに写真撮影をして、


お二人が移動する前に、
心遣いのプレゼントみんなに手渡してくれました。




P9230741_convert_20120626021208.jpg


自分の順番を待ちながら、
引き続き激写モードのワタシに、



思いもよらぬ、出来事が。









みんながどよめく。

ワタシ、固まる。





そう、



空から、

ウン○が、降ってきた。





生まれて初めてが、
このタイミングとは。。。



「持ってるねー」

花嫁の言葉に、ワタシは大爆笑



スタッフさんの手早い対応にも感謝です
ありがとうございます。





そして、

P9230748_convert_20120626235638.jpg

新郎、新婦、去りし後も、

奇跡は更に続く。







神社にお参りをし、
御朱印を頂く間に、
おみくじをひくワタシ。




昔、三千院でおみくじをひいた時に、
お坊さんに、


「おみくじは、未来じゃなくて、
 今の状態を表しているのですよ。」


と言われて以来、
おみくじをひきたい時は1年に何度もひき、



「下に書いてある言葉より、
 上に書いてある部分が大事。」


と言われて以来、
上に書いてあるむずかしい部分を読もうとする、
努力をしています。









でてきた「おみくじ」は・・・









なんと、「壱番」

P9230752_convert_20120627002355.jpg

「大吉」。



「一」と書いてある棒が出てきた時に、
「大吉」だとすぐにわかった。

なぜならば、



今年最初にひいたおみくじが、
「一番 大吉」
だったから。。。


以前のブログ
手に残った、おみくじは。


1月におみくじをひいてから、
その後もおみくじをひいて、

凶がでていました。


年が明けて、半年たって、
またゼロに戻った。。。



ワタシ、
お二人に清らかにしていただいたのね。

更に深く感謝の気持ち。。






そして、
おみくじの上の言葉は、




ときはなる
老木(おいき)の松は
眞鶴(まなづる)の
千年を契る
友にやあるらむ



<松虫的超訳>
ずっと変わらない松の木と真鶴は、
千年友達でいる約束を
しているんじゃないだろうか?



鶴…
「鶴は千年、亀は万年」カメと共に長寿の象徴
結婚式の鶴は、「丹頂鶴」
死ぬまでをパートナーを代えずに一生添いとげるとのことから縁起がよく幸せを呼ぶ鳥として親しまれている

松…
冬でも緑を保ち寿命も長い。
長寿の象徴。
古くから神の宿る木とされている。
「神を待つ」待つが語源のひとつと考えられている。



なんと、
今を象徴する歌でしょう。



新郎、新婦が、
夫婦の契りをしたこの神社で、

ひそやかにワタシも、
契りをかわしたのでした。。。




(ワタシが松で、彼女は打掛が鶴ね)

P9230754_convert_20120627012314.jpg
これはお二人からもらったプレゼント。
鶴と松が合体してて、
もうここまでくると、良く出来ているわけです。

(梅かもしれないけどね。)







いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 ごえん

- 6 Comments

じゅん  

No Title

とっても素敵なお話に、うるっとしちゃった。
「松」ってあたりがまた、偶然と言うか必然…だったのかもね^^
お友達、素敵な夫婦になりますように。
そして松ちゃんとお友達が、これからも
素敵な友達で居続けられますように。

2012/06/27 (Wed) 07:48 | EDIT | REPLY |   

ユッケ  

そーか。。。うっかり千年の契りを交わしていたのか!!
たった一日でさまざまな奇跡を起こすとは、やはり持ってるなキミは(笑)

ホントに来てくれてありがとねーヾ(●ω●)ノ”

2012/06/27 (Wed) 12:56 | REPLY |   

松虫ウテナ  

じゅんちゃん!

じゅんちゃん、
嬉しいコメントありがとう!

ながくお友達でいれるのって、いいよね。
そう考えると、同窓会でみんなに会えたこと、
本当に良かったとおもうよ!!

まつ

2012/06/27 (Wed) 13:17 | REPLY |   

松虫ウテナ  

ユッケちゃん!!

そーなのだー!!

披露宴に行っている間に、
勝手に契って、事後報告(笑)

奇跡はユッケたんのおかげだよ、
私のチカラではナイノヨーー!!!

私までキレイな身にして頂いた、
素晴らしきパワーの結婚式だったよ!!

まつ

2012/06/27 (Wed) 13:20 | REPLY |   

すぎもとこ  

お互い結婚式だったみたいですね(^-^)
また次回はみんなで集まりたいですね~(^^)

2012/06/27 (Wed) 15:48 | EDIT | REPLY |   

松虫ウテナ  

こうさん!

ほんとですね、
こうさん、今度いらっしゃるときは、
またお話しましょうね!!

まつ

2012/06/29 (Fri) 09:49 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。