フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

利休百首のお勉強。【五首目】上手には。

利休百首のお勉強。

不器用なワタシは、
なんだか耳の痛い一首なのです。



前回のブログ
【一首目】その道に。
【二首目】習いつつ。
【三首目】こころざし。
【四首目】はじをすて。





 第五首 上手には・・・






上手には
好きと器用と
功積むと
この三つそろふ人ぞ
能くしる




器用…
1 からだを思うように動かして、芸事・工作などをうまくこなすこと。
 また、そのさま。
2 要領よく、いろいろな物事を処理すること。また、そのさま。

上手…
物事のやり方が巧みで、手際のよいこと。
また、そのさまやその人。

功…
経験や努力の積み重ねで出てくる効果。ききめ。功用。

能くしる(よくしる)…
=善くする
することができる。なしうる。




何事でも名人上手になる為には、好き、器用、功積むの三つが必要条件である。
他から強いられていやいや習うのでは上達が難しいし、
要領よくする方がいいし、
こつこつと努力を重ねる事が
芸道修行の上で、最も大切。


多少、器用の訳が違うものもありますが、
ワタシはこの訳の、

やるなら、
「要領よくする方がいいし」が、

ごもっとも

と思ってしまいまシタ。






いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 お茶のお稽古

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。