フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

京都→福井の道。大徳寺に行く。

お茶の先生に、

「福井へ法事に帰る前に、
 京都に立ち寄ろうと思うのです。

とお話しましたら、

「折角だから、
 お勉強をかねて、
 大徳寺と裏千家の本家を見てみたらどうですか。」

とお話を頂き、


そうか、それなら行こうと、
「そうだ、京都に行こう」ロードを、
見事に歩み始めるわけです。






臨済宗大徳寺派大本山
龍寶山(りゅうほうざん)大徳寺



大徳寺は、
臨済宗大徳寺派大本山です。
山号は龍寶山(りゅうほうざん)。
勅使門から山門、仏殿、法堂(いずれも重文)、方丈(国宝)と南北に並び、
その他いわゆる七堂伽藍が完備。
山門は、二階部分が、千利休居士によって増築され、金毛閣と称し、
利休居士の像を安置したことから秀吉の怒りをかい利休居士自決の原因となった話は有名です。
(公式サイトより引用)


現在境内には、別院2ヶ寺、塔頭22ヶ寺があります。
daitokuji01.gif


全部見たいところですが、
とーーーっても広いので、
今回は2箇所見てまいりました。




総見院 (そうけんいん)


総見院 (そうけんいん)は、
本能寺の変で亡くなった織田信長公の菩提を弔うために、
豊臣秀吉が建立したお寺さんです。

普段は、拝観出来ないないのですが、
この日は有難い事に、
拝観の出来る日でございました。



総見院 には、
茶筅塚があります。
2012-05-03_12-59-46.jpg

茶筅(ちゃせん)はお茶を点てるときに使う、
あのしゃかしゃかするものです。



この茶筅を供養するお墓です。
よく見ると、
花立てが、

2012-05-03_13-00-07.jpg

茶筅の形をしています
お茶碗もありますねー。



ガイドさんの説明をききながら、
茶室を見に行きます。
2012-05-03_12-21-47.jpg

2012-05-03_12-20-05.jpg
五三桐の紋が襖にたくさん。
そして、ステキな火鉢。

2012-05-03_12-21-29.jpg
こんなところに、
織部焼。


3つある茶室は、

ところ狭しと並んでいて、
でも、
その狭い世界ひとつひとつに、
ぎゅうと味をこめております、
という、印象でした。


2012-05-03_12-22-07.jpg
ワタシは、
こういう細工のほうが、ツボ。。






高桐院(こうとういん)


高桐院は、
利休七哲のひとりとして称された細川忠興(ただおき)によって建てられたお寺です。
細川忠興(三斎)とその夫人ガラシャ夫人をはじめ細川家の菩提寺です。

「そうだ、京都に行こう」
のポスターにもなっています。

2012-05-03_13-09-34.jpg


つづく。




いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 お茶のお稽古

- 0 Comments

Leave a comment

京都→福井の道。高桐院に行く。
PREV
NEXT
利休百首のお勉強。【二首目】習いつつ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。