フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

東風ふかば

お茶のお稽古を始めて、
ようやく3ヶ月。

※まだまだ間違えながらフブログを書きますので、
 間違いのある点は教えてください
 ちなみに、前回の帛紗(ふくさ)はたたみ方が間違っていました。


毎回、驚きの世界に、
ビビっつときております。


そんなかとするのかー
と感じたのは、

「拝見」「問答」




お茶を頂いたあとに、

「○○(見せてもらう茶道具)の拝見をお願いします。」

とお話します。



そして亭主(お茶をたてた方)に、
お道具について、お伺いします。




亭主は、
そのお道具を造った方や、
いわれ等を説明します。




お茶杓やお茶碗には、
「銘(めい)」がついているものがります。
(その作品の題名みたいなものですかね。)


例えば、
お茶杓(抹茶をすくう道具)
img_356166_9709066_6.jpg
これは、
千利休作の銘は「泪」。


これは、
本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)作、
image11309_2.jpg
銘「雨雲(あまぐも)」。


このご銘も、
お道具の説明の時にお話します。



前回のお稽古の際に、
このご銘の参考プリントを頂きました
(お稽古では、ご銘のついた茶杓を使用しないので、自分で決めた銘をお話します。)


P6240693.jpg

季節の言葉がたくさん
見てるだけで楽しい。





3月の中に、
「東風」
がありました。


「先生、これは『こち』と読んでいいのですか?」


先生とはご挨拶のときに、
梅の花が咲き始めた話をしていたので、

今日の茶杓のご銘は、
「東風(こち)」にしようと決めました。







問答の時がきました。
問答は2回目の体験、緊張デス。。



言えた





、、と安心していたら、
先生が、

「『東風』を選んだのなら、
 先程話をしていた句を一緒にお話してください。」





わーーー

なんだかハイレベル。。。

言われるがままに・・・









わーーー

なんだか、
とってもステキじゃないか。。。




お茶の先生は、
歴史や文学や工芸や、

色々な事を知っていると聞いていましたが、

こういう楽しみ方をするから、
知識が大事なんだなー・・・って、

奥深い、お茶の世界を垣間見たのでした。。。





C360_2012-03-22-09-30-16_org.jpg

皇居東御苑の梅林坂の梅も、
ようやく咲き始め、

今年も枝がステキだ…

と思うのでした。



C360_2012-03-22-09-27-44.jpg





いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 お茶のお稽古

- 0 Comments

Leave a comment

利休百首のお勉強。【一首目】その道に。
PREV
NEXT
お茶のお稽古【帛紗さん、さばけない・・・】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。