フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

修行に行く。【到着】

いつも見て頂き、ありがとうございます。
少しずつ書き進めていきます。


【前回のブログ】
修行に行く。



総持寺は、とても大きなお寺さんで、
さっそく迷子になりました。

名称未設定 11のコピー

一周して、わからなくて、
人のいる建物に入ったら、そこが受付けでした。

修行の受付は、
(普通の人は)とてもわかりやすい、
4、香積台(こうしゃくだい)
というところです。


香積とは、香気が充満している世界のことで、
禅門では食事を調理するところになります。



P8190330_convert_20110630002304.jpg

軒がステキ。



受付を済ませると、
修行僧の方が、お部屋を案内してくださいます。



案内して頂いたのは、
3、三松閣(さんしょうかく)
すごくキレイな建物です。


女性だけの6人で一部屋。


P8200337_convert_20110630002345.jpg


ここで、身支度をととのえます。

袴を着るのですが、
ここでやっぱりというか、
案の定のささやかな問題にぶつかります。





つづく


いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 修行(坐禅・写経・写仏...)

- 2 Comments

chartakamura  

No Title

日本のお寺は荘厳ですね。

それにしても、フェロモンを求めての松虫さんの行動力は素晴らしいです。
出家大国のタイにいていつか出家したいぞーと思いながら実現していないのですが、うずいてきた・・・
この先の修行で松虫さんが何を悟るのか、何フェロモンUPするのか(そんな単位はないか)楽しみにしてます♪

2011/06/30 (Thu) 02:35 | REPLY |   

松虫 ウテナ  

チャコさん!!

タイのお寺は、どのような雰囲気なのでしょう。

日本のお寺とはやはり違いますか?

出家!!!それは、すごいですが、世俗も楽しいので、
修行体験位でとめておくのは如何でしょうか(笑)

なにフェロモンを求めて、
修行に行ったか、
ワタシも謎ですー*皿*

本能のままに動くと、フェロモンから遠ざかっているきがしなくもないです(笑)

2011/06/30 (Thu) 12:37 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。