フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

神尾真由子さんのヴァイオリン.

いつも読んで頂き、
有難うございます。

img037ebcc9704b4e0ad6e2c.jpg

間が開いてしまいましたが、
水戸芸術館の初室内楽・最終回です。
宜しくお願いします。


【前回のブログ】
水戸芸術館と初めての室内楽。
指揮者と向かい合わせの席。
ステキな音楽ホール。
もぞもぞする女子。
一緒にもぞもぞしてみよう。






本日の2曲目は、

メンデルスゾーン
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64



ヴァイオリニストの
神尾真由子」さん

の登場です。



大きな拍手。、
神尾さんの登場です。


とてもキレイな方です。

きっとすごく音もきれいなのだろう・・・
と思っていましたら…


snap_utena77_20116405256.jpg



画力がなくて、
結果微妙な絵なのですが、

snap_utena77_20116404737.jpg

荒波の崖の上でヴァイオリンを弾くような、
ドラマチックで、
すごく力強い音。



指揮者の方に指揮されるのも忘れ、
神尾さんの紡ぎだす、
ドラマチックな音に、

ドキドキしておりました。




これは、2007年の動画なので、
参考程度に。。








生の神尾さんは、
かっこいい。


ヴァイオリン、かっこいい








初めての室内楽は、
感動がたくさん。

生の楽器の音は、
こんなに感覚を豊かにしてくれるのですね。





水戸芸術館の復興を、
応援しています。

また聴きに行きたいです。







おしまい



いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。