フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

もぞもぞする女子。

いつも読んで頂き、
有難うございます。

img037ebcc9704b4e0ad6e2c.jpg

引き続き、水戸芸術館の室内楽を書きます


宜しくお願いします。


【前回のブログ】
水戸芸術館と初めての室内楽。
指揮者と向かい合わせの席。
ステキな音楽ホール。








拍手の中、
オーケストラの皆さんが舞台に登場しました。



更に大きな拍手。

指揮者の原田幸一郎さんの登場です。


snap_utena77_20115423458.jpg
〈プログラム〉
モーツァルト:
 ディヴェルティメント ニ長調 K.136(125a)
メンデルスゾーン:
 ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

---休憩---
モーツァルト:
 交響曲 第36番 ハ長調 K.425〈リンツ〉





指揮者の原田さんが、

指揮台にあがります。





優しそうな方です。





オーケストラのみなさんを見る、

息を吸い、

指揮棒が動く。





音が…






あーーーーっつ










snap_utena77_20115423230.jpg
(ドキュンした)




弦楽器の品のある生の音、

指揮棒と、指揮者の方の手の動き、

音楽が生まれる瞬間と、

奏でるになる瞬間と、

音楽の生まれたカタマリが、

目の前で、

見えそうで、(妄想で)








妄想スゥイッチは、
全開デス。



途中まで、イラストで描いてみたけど、
かなりトランス状態の妄想過ぎて、
一度封印




この席は、
指揮者さんの動きが良く見えるので、

手と指揮棒を見ていると、
次にどの楽器が音を出すのか、
すごくよくわかります。


クラッシック初心者で、
知らない曲でも、
曲の流れがなんとなくわかります。




指揮者と向かい合わせの席、
大正解、
です。











興奮の中、
先程から気になることがあります。








隣の女子が、


もぞもぞと動いているのです。






つづく



いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。