フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

梅と、冬の中の春。

初めて、
皇居東御苑に行きました。



『梅林坂』に梅を見に行くのです。



梅は良いです。
桜も良いですが、
梅も良いです。





最初に迎えてくれたのは、
『蝋梅』(ろうばい)。


PA020605_convert_20110220002859.jpg

一株しかないのに、
強い香りがします。

『蝋梅の花言葉は慈愛と先導、
 こぼれるように陽の花を咲かせ 冬の終わりを告げる清冽な春の使者』

(参考→野庵HP
※清冽=水などが清らかに澄んで冷たいこと。





目的は、梅の花でしたが、
東御苑のお庭のステキさに、
写真を撮リマクリ。



PA020619_convert_20110220002951.jpg



母の影響もあって、

日本庭園は好きで、
思いというか、
造園職人の美学というか、
そういうお庭には、心惹かれマス。



PA020633_convert_20110220005447.jpg

花が無くとも、
枝で魅せる、
百日紅。

やばい、
カッコいい。




PA020614_convert_20110220002925.jpg

秋の名残のもみじも、
ふかふかに積もって、
ベージュのグラデーション。





PA020628_convert_20110220003051.jpg

満開を超えた、

冬の終わりの落ち椿。


ワタシに技術があったらなら、もっとステキに撮ってあげられるのにねー。





そして、
ワタシのツボにはまってしまったのは…





PA020596_convert_20110220002726.jpg





いしがき。






空間にある、
渋いタペストリー。


激写し続けた、写真の一部を公開いたします。




PA020601_convert_20110220002814.jpg
この石垣、一番好き。



PA020597_convert_20110220002749.jpg
どうしてこんなにキレイに積まるのか。



PA020679_convert_20110220010017.jpg
もはや彫刻。



PA020678_convert_20110220005939.jpg
職人の力がないと、こんなに上手くはいかないのです。



PA020672_convert_20110220005911.jpg
広い空間のなかに、こんなきれいな形があったら、
立ち止まらずにはいられない。



PA020684_convert_20110220010300.jpg
石の風化は、神秘的。



PA020646_convert_20110220005540.jpg
日本人って、すばらしい。








『梅林坂』に近づくと、
梅の香りがこぼれてきました。


ここにも、造園職人の息がある。


PA020656_convert_20110220005720.jpg

絵として、
梅の形をつくっているのが、
スゴイ。





梅の枝というのは、
こんなにドラマチックな線をもっているのか。


PA020667_convert_20110220005845.jpg


確かに、日本画とか、襖絵とか、
黒い枝が印象的に描かれているもんね。

そゆことかー。










PA020652_convert_20110220005632.jpg

東風(こち)吹かば 匂ひ おこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ





PA020654_convert_20110220005654.jpg

あるじがいなくなっても 花を咲かせることを忘れないでほしい




ごつごつの枝と、
丸い花。

梅は、
「願いをかなえてくれる不思議な力をもつ花」
とも言われていたそうです。






PA020662_convert_20110220005745.jpg

大好きな石垣さんと、白梅のツーショット。






やっぱり、
梅も良いのです。









皇居東御苑という静かな空間のとなりには、



PA020697_convert_20110220010413.jpg


東京のビルがそびえていて、
不思議な感覚。








枯れた葉と一緒に咲くのは、
『シナマンサク』。

PA020694_convert_20110220010334.jpg

早春の花。





見事に花を残すのは、

PA020698_convert_20110220010452.jpg


冬の終わりの最後の一輪。


ダリアじゃないよ、
椿だよ。













いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。



次回は、
あれを書きます。




ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




また見に来てください
関連記事

 季節を感じる

- 4 Comments

295  

No Title

もう、春ですね。
蝋梅は職場でも咲いていて、とてもよい匂いを放っています。この匂い嗅ぐと春が近いと感じます。
皇居東御苑がこんな感じとは知らなかったです。
春を感じさせてくれてありがとうございます。

2011/02/21 (Mon) 05:09 | REPLY |   

松虫ウテナ  

Re: No Title

295 さん、
見てくださって、ありがとうございます!

東御苑、超おススメです。

京都の庭園とはまた違う、良さがあります。

ちゃんと四季が楽しめるように、
草木樹木が植わっていることに感動しました。

右に桜、左にもみじ、みたいな。

どの季節に行っても楽しめるのだな、
と思いました。

お時間あれば、是非一緒に行きたいですね☆

2011/02/21 (Mon) 09:34 | REPLY |   

そらゆき  

いいですね~*^^*

こんにちは*^^*

蝋梅・・・とても良い香りだったことでしょうね♪
私も日本庭園好きですよ。
とても落ち着きます。
洋式庭園も良いのですが、「庭を感じる」のは
やはり日本庭園が1番馴染む気がします。日本人だからなかしらね。

ラストの椿~ほんと!ダリア見たいに豪華ですね^^
東御苑がこんなに素敵だなんて知りませんでした!

2011/02/21 (Mon) 15:15 | REPLY |   

松虫ウテナ  

Re: いいですね~*^^*

そらゆき さん、
ありがとうございます!

蝋梅はとても良い香りでした!!

そらゆきさんのお庭は、
洋式ですか?
ハーブがたくさんあるから、そうなのかな・・・って
イメージしてました。

洋式庭園もいいと思うし、
日本庭園もいいですよね。

ワタシは、和のお庭もいつか欲しいと思っているのですが、
手入れが大変だなーって思いマス。
絶対自分で手入れできない(笑)
松とか難しい。。

なんか、いけばなと、フラワーアレンジメントの関係に似てますよね。


ラストの椿の写真、
本当は花が下を向いてしまっていて、
地面すれすれに1輪だけ咲いてたので、
どんな花弁かわからなかったんですよ。

家に帰ってビックリ。
ほんと、ダリアみたい(笑)

2011/02/21 (Mon) 22:24 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。