フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ウワサの「低GI」をマナブ。

引き続き、
アンブロシア・オーガニックネクターズさんの、
試食新年会です。 
logo.gif
試食会の内容を書かずに、
4回目を迎える、
恐ろしいブログへ、ヨウコソおいでくださいました。

今回もアガベ勉強の回です。


いつも見て頂き、
本当にありがとうございます。

 


【前回のブログ】
試食会に行ってきたよ☆
ベジタリアン・ローフード・ヴィーガン・・・って
本日の試食メニュー発表&「アガベ」も勉強。



今回もどうぞ宜しくお願いします。






いきなり、
結果から申しますと、

アガベ・シロップは、 「低GI」 のシロップです。
GI値は、「20」です。




「低GI」と言えば、やっぱり、
このCMの印象が強いわけで、

「低GI」=「SOYJOY」なイメージなわけで。

CMの中にも「低GI」は、「ある意味ダイエット」
と言ってるわけで。
「低GI」が持つ意味は、気になっていたわけで。





では、「GI」とは。
今更ですが、調べました。

(自分のメモと、自分で調べたものなので、間違ってたら随時修正します。)

GIとはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)を略した言葉です。

GI値は、
「炭水化物を含む食品を食べたときの、血糖値の上がりやすさを表した数値」。
ブドウ糖を100という数値にした時、食品を吸収したときの血糖値がどれだけ即座に上がるか、
というものを表す数字です。
(食後2時間までに血液中に入る糖質の量を計る)






なぜGI値が必要なのか。



ちょっと楽しくなって、
もっと調べてみました。
(間違っている可能性があるので、随時修正します。)



【登場キャラ】
インスリン
「ブドウ トウ」
snap_utena77_201116112828.jpg



人間は、炭水化物(ごはんやパンetc)を食べると、
胃や小腸で消化され、
食べ物の糖分は、ブドウ糖に変えられて、血液中にとりこまれる。
snap_utena77_201110125511.jpg



ブドウ糖が血液中に増えると、
すい臓からインスリンが分泌される。
snap_utena77_20111012336.jpg


インスリンは、ブドウ糖を肝臓や筋肉、脂肪組織に送る手伝いをする。
snap_utena77_201110124832.jpg
このメカニズムで、食事前の値まで、血糖値が下がる。




が、しかし、




大量のブドウ糖が一気にくると、
snap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpg
snap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpg
snap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpgsnap_utena77_201110125511.jpg




増えすぎた糖を減らそうと、
インスリンは大量に分泌され、
肝臓や筋肉に糖を運ぶスピードが速まる。
snap_utena77_20111012336.jpgsnap_utena77_201110124832.jpgsnap_utena77_20111012336.jpgsnap_utena77_201110124832.jpg
snap_utena77_20111012336.jpgsnap_utena77_201110124832.jpgsnap_utena77_20111012336.jpgsnap_utena77_201110124832.jpg
snap_utena77_20111012336.jpgsnap_utena77_201110124832.jpgsnap_utena77_20111012336.jpgsnap_utena77_201110124832.jpg





大量のインスリンは、
血糖値を必要以上に下げてしまうので、
snap_utena77_20111016924.jpg
空腹やエネルギーの低下を感じ、
更に食べる、という悪循環にもなる。




そして、
インスリンによって運ばれた、大量のブドウ糖は、

ついに、
肝臓や筋肉でブドウ糖を蓄えきれなくなる。
snap_utena77_201110163113.jpg



蓄えきれなくなったブドウ糖は・・・
snap_utena77_201110173353.jpg

snap_utena77_20111017425.jpg


余分な糖をインスリンが中性脂肪に変え、
脂肪細胞へと運び、
脂肪細胞がどんどん膨らみ、
太っていく・・・






【まとめ】

GI値が高い食品は、
血糖値を一気に上昇させ、
脂肪の蓄積がされやすくなる。


GI値が低い食品は、
ゆるやかに血糖値を上昇させる。
腹持ちが良く、
余計な脂肪を蓄積を防ぐ。



結果、
「低GI」は、「ある意味ダイエット」
になるわけです。

世の中には、
すでに「低インスリンダイエット」もあるわけです。
(知らなかったヨ。)


そしてそして、同じカロリーの食べ物でも、
高GIと低GIの食品があるのです。
食べても太りにくい食べ物が、
世の中にはあったのですね。





長かったね・・・
まとめるのに


参考HP→GIについて学ぼう(大塚製薬)
このHPには、他にも色々書いてありますので、
興味のある方は見ると面白いと思いマス。




GI値は、
検索すると一覧を見つけることができます。
おもな食品のGI値リスト

意外だったのは、
糖類は基本的に、
高GIであること。

名称未設定 1
参考HP→低インシュリンダイエット

アガベ・シロップのGI値が、
「20」というのは、
奇跡のような数値です。
同じ植物性の、
メープルシロップも高い数値。

そうだったのか・・・




すごいね、
アガベさん。


ワタシは、
君の事を何も知らなかったよ。



勉強になりました。



次回は、
試食会の中身をかきます。
(ようやく)





つづく



今日は、
京都の友人から、
「ローフード」の本が3冊届きました。

奇跡のテレパシー友人の本のおかげで、
まとめられました。
(ブログに書くの諦めかけてた)

他にも色々入ってたのだけど、
デーツと生アーモンドという、
旬なローフード食材も届きました。

「すげー」

としか、言いようの無い、
彼女は無意識の行動に、
感謝するばかりです。

ありがとう




いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。


ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。



また見に来てください

アンブロシア(ambrosia)ファンサイト応援中
関連記事

 ローの世界

- 2 Comments

ケイティ  

アンブロシアです!

こんにちは!
アンブロシアのケイティです。
GI値について、試食会でお話した以上にいろいろと調べたりまとめたりしてくださって、ありがとうございますv-344
松虫さんが書いてくださると、インスリンとブドウトウが可愛いなキャラになって、「低GI値」がすっごく楽しいお話になっちゃいますねv-363
私はちょっとニヒルなブドウトウの隠れファンになりそうです・・・e-454
また遊びに来させてくださいね、わくわく~e-343

2011/01/31 (Mon) 16:18 | EDIT | REPLY |   

松虫ウテナ  

Re: アンブロシアです!

ケイティ さん、
いつも見ていただいてありがとうございます。

試食会で話していただいた、GI値について、
自分でも調べられて良かったと思います!
アガベの良さが、更にわかったし、
次回に書く、お豆腐スイーツの偉大さにも気付けました。

どうしても、
食べ物の情報って偏りがちになるので、
(この栄養があるからいいとか)
GI値を勉強できたのは、
他の面からも、自分で判断できるものさしが一つ出来たようで、
ありがたいです!

また見に来てください!

2011/01/31 (Mon) 18:35 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。