フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

インド菜食家庭料理教室 「チャパティー」

いつも見て頂き、ありがとうございます。


久しぶりに、
体調不良で会社を休みました。

現在かなり回復中で、
余裕ができましたので、
書きかけのブログを仕上げようと思いマス。





引き続き、
ロータスエイト・アカデミー』さん主催の、

『ミシュラ京子さんの
アーユルヴェーダスパイスを使った
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」』


セミナー、最終回デス。



(前回のブログ)
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」
「アーユルヴェーダ的食事」
「アーユルヴェーダ的スパイス」
「ホールスパイス入りライス」
「ジャガイモのクミン炒め」
「かぼちゃのライタ」
「ラズマ」お豆のカレー。






最後に、

ナンの様な存在に当たります、


『チャパティー』


こちらは完成写真です。

P7230405_convert_20101215121040.jpg

この写真だけだと、
よくわからないですよね。

ナンは小麦粉で作りますが、
チャパティーは全粒粉なのだそうです。



【材料】15枚分

全粒粉・・・3カップ
水・・・1/2カップ

バター又はギー・・・(お好みで)
打ち粉・・・少々




作り方

.全粒粉をボールに入れて、水を加えて少しずつ練り、耳たぶぐらいの硬さの滑らかな生地を作る。

.ぬれ布巾をかけて10分ほど休めてから再び生地をこね、15等分に分けて丸める。
 
.生地に打ち粉をして、薄い円形に伸ばす。余分な粉ははたく
 ポイント☆餃子の生地を伸ばすように、中心から伸ばすと丸くなりやすい。

.フライパンをよく温めて片面を軽く焼き、裏返しして表面に気泡が出てくるまでよく焼く。
  さらに表面に返し直火で軽く焼き、膨らんだら裏返しして軽く火を通す。


この最後の工程がマジックのようなんですよ。

最初にフライパンを温めて、
(下の写真は平らなフライパンのようなもので、名前を忘れてしましました。)
生地を載せます。

P7230389_convert_20101215121223.jpg


表・裏を1回ずつ焼いたら、
表を直接火にかけます

P7230391_convert_20101215121338.jpg

そうすると、
『ぷくー』って
膨らんできます
裏も直接火にかけます。

P7230387_convert_20101215121421.jpg

こんな風に、
風船みたいに膨らむのです

スゴイ、
ナゼ膨らむのか

チャパティーを半分に切って、
膨らんだところに、
具材をつめて食べても美味しいそうです。

(絶対美味しいに決まってるー



そして、
チャレンジタイム。

snap_utena77_2010123144322.jpg


「はいっつ



もちろん、やります

倍率が高いと思って、
気合入れまくりで挙手


でも…
あれれ、みんな手を上げない…

ワタシだけやる気イッパイ過ぎて、
ちょっと浮く…

そして、
無言の特攻隊長に任命されたワタシは、
(勝手にそう思っている)
先生の伸ばしてくれた生地を焼き始めるのです。


snap_utena77_2010123151742.jpg


表面を焼いて、
ひっくり返して裏面を焼いて、
気泡がぷくりとできたら…

直火に移して・・・



snap_utena77_2010123152815.jpg

『ぎゃー 

パニック!
どうしていいのかわからない!

火にかける=燃える

の固定概念との戦いに敗れたワタシは、
大事なところを先生に代わってもらい。

中途半端に膨らんだチャパティを作ったわけです。



チャパティは、
焼く順番を間違えたり、
直火にかけているときに膨らんだ部分に穴をあけてしまうと、
きちんと膨らまないそうです。

食べれますけどね。


皆さんは上手に焼いていらっしゃいました。
P7230394_convert_20101215121547.jpg





そしてそして、
いよいよ全5品の完成です!


P7230408_convert_20101215121641.jpg

・ホールスパイス入りライス
・ジャガイモのクミン炒め
・かぼちゃのライタ
・ラズマ
・チャパティー


こうやって盛り付けると本格的ですよね。

これは見本用で、
私達が食べるのは、
別に取り分けます。

一緒に、
ライスミルクを注文しました。
P7230395_convert_20101215122100.jpg

ライスミルクって、初めて飲んだけど、
とってもさっぱりしていて、
美味しい

甘酒のようなお米の味がする、
なんていうか、
なんていうか、
初めての美味しさです。

体喜ぶ味です。

これはクセになりますね



P7230410_convert_20101215121747.jpg

いただきまーす


うまー

snap_utena77_2010123155717.jpg


『パーティー料理に振舞うと、皆さん喜ばれますよ~

絶対喜びます。
作れるようになりたい!!


『おかわりも、ありますよ~

もちろん食べます!!



と、いうことで、
おかわりを2回ほどし、
満腹の大満足で、
セミナーが終わりました☆

本当はスパイスのお土産があったのだけど、
もらってくるの忘れてしまった

満腹が、一番の満足なワタシでした。




ミシュラさんのセミナーは、
ハスハチキッチンさんで行っています。


実践的に、説明してくださって、
しかもわかりやすい。

何よりも、

「スパイスは体にいいからとらなきゃいけない」
というセミナーではなく、

「スパイスにはこういう効果があって、
 こんな美味しい料理が簡単にできちゃうのですよー、
 お友達も喜んでくれるレシピなんですよー!!」


という、とてもハッピーなニュアンスがあるところが、
ワタシはとても良いと思いマス。

それが、一番大事だと思うのです。



セミナーのスケジュールはこちらのほうが、
見やすいかもです。
ロータスエイト アカデミー

グリーンスムージーのセミナーもやってマスよ☆


あと、ミシュラさんは、
アーユルヴェーダをもとにした、自然派コスメも作っています。
ここの、ターメリック石鹸が良いと、
肌が白くなって、ニキビが無くなったと、
お隣の席の方がおっしゃっていました。
アーユルコスメ






前回の、
『漢方スパイスセミナー』と、
今回の
『ミシュラ京子さんの
アーユルヴェーダスパイスを使った
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」』
セミナーを受けて、

わかった事。


それは、

インドの伯母様からもらったスパイスは、
体に良いものばかりだから、
それを使って、
適度に料理を作ったら、良いんじゃないか。


という事。


漢方もスパイスも、
奥が深いので、
その先はまた勉強するとして、

今できることは、
そういうことだ、
と思いました。


恵まれた環境であった事に、

感謝





ながーいブログをお読み頂き、
本当に有難うございました。


まだ11月の出来事が書ききれないワタシです。


年内にまとめられるのか、
なんなのか。


次回は、初めてオーケストラの音を聞きに行った経験のお話です。




 おしまい 



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。