フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

インド菜食家庭料理教室。『かぼちゃのライタ』

いつも見て頂き、ありがとうございます。


今日は、
初めて時間指定のアップロードをしてみました。

この土日は、
初体験のソレに行ってきます。

これをブログに書くときは、
年の終わりになるのかな。






引き続き、
ロータスエイト・アカデミー』さん主催の、

『ミシュラ京子さんの
アーユルヴェーダスパイスを使った
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」』


セミナー、デス。



(前回のブログ)
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」
「アーユルヴェーダ的食事」
「アーユルヴェーダ的スパイス」
「ホールスパイス入りライス」
「ジャガイモのクミン炒め」






続きまして、

更に簡単でおいしい



『かぼちゃのライタ』

ライタってなんだ
スープみたいにみえますが…
なんて言ったら良いのかな~

うむ、

おいしいです。



こちらは完成写真です。

P7230399_convert_20101211005139.jpg



【材料】4人分

かぼちゃ・・・1/4個
(他にきゅうり・にんじん・じゃがいも・ほうれん草でもできる)
ヨーグルト・・・300g
 (好みで水を入れて、ゆるくしてもOK)
塩・・・適量
グリーンチリ・・・お好みで
(1本みじん切り)
チリパウダー・・・ひとつまみ
マスタードシード・・・小さじ1/2
(きちんと火を通さないと美味しくないスパイスです。)



作り方

.かぼちゃをふかして、おろし器でおろす

.ヨーグルトを泡だて器などでよく混ぜ、おろしたかぼちゃ・グリーンチリ・塩を加えて味を調える。

.少量の植物油で、マスタードシードを炒め、赤チリを入れる。
 ポイント☆マスタードシードをよく炒める。


ここで先生が見せてくれたのが、
『テンパリング・カルチ』
という『おたま』みたいなフライパン(?)で油に香りを移す方法。

これが、テンパリング・カルチ。
22974704.jpg
ここで購入できます→アユルコスメ


スパイスに香りを移すことを、
『テンパリング』
というそうです。



ブレまくりなので、
イメージだけでも。。

P7230379_convert_20101211005033.jpg
きえ~
油が燃え移りそうで怖いです。


油が温まったら、
P7230378_convert_20101211004935.jpg

マスタードシードを入れる。



『パチパチパチパチ』って言ったら、
火からテンパリング・カルチを下げて、
チリパウダーをいれます。



.器に2を盛り、3をかける。

.できあがり☆






えーーー、

どんな味か、イマイチ想像できなし~





スープなの?

食べてからの

おたのしみ。






次はメイン料理の・・・

『ラズマ』です。

(お豆のカレー)





激美味しかったデス。






 つづく 



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。