フェロモン部

「お前にはフェロモンが無い。」 と、言われたあの日。 フェロモンって何?! フェロモンを探すべく、一人ひっそり部活をつくりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

インド菜食家庭料理教室「アーユルヴェーダ的スパイス」

いつも見て頂き、ありがとうございます。

無意識にパソコンの前で、
お辞儀している自分に、
気が付きました。


snap_utena77_2010122224050.jpg
えへへ。





引き続き、
ロータスエイト・アカデミー』さん主催の、

『ミシュラ京子さんの
アーユルヴェーダスパイスを使った
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」』


セミナー、デス。



(前回のブログ)
インド菜食家庭料理教室 「秋~冬編」
インド菜食家庭料理教室「アーユルヴェーダ的食事」






インドは大きな国なので、
北と南で、
スパイスの使い方、味のベースが違うそうです。

北インド→トマト系
南インド→ココナッツ系

でも、東西でみると、
同じような使い方をするそうです。




【メインに使用するスパイス】


ガラムマサラ

漢方スパイスセミナーで作って良かった

(ワタシの持つガラムマサラの調合)
漢方はスパイス。ガラムマサラをつくるのだー。

P6230341_convert_20101207230925.jpgP6230344_convert_20101207231012.jpg





チリパウダー

ビタミンCを含み、辛味の基のカプサイシンは、
中枢神経を刺激して代謝を活発にして、
体内のエネルギー消費を促進する。


ここで調べてわかったのだけど、

チリパウダーというのは、
「赤唐辛子のみ」、と、
「混合香辛料」(チリビーンズに使われる、赤唐辛子+他のスパイス)ものが、
同じ呼び名であった。。。

ここで指している「チリパウダー」は…
多分「赤唐辛子のみ」だと、
思うのですが…


漢方も一緒に復習。
蕃椒(ばんしょう)=唐辛子(とうがらし)=レッドペパー

20071009191529.jpg

唾液を多く分泌させ(飲み込みやすい)、消化を助ける。
胃を強くする。
ビタミンC・Eが含まれている。
体内のエネルギー消費を促進する。





ターメリックパウダー

どんどん情報を追記しましょう。
鬱金(うこん)=鬱金(うこん)=ターメリック

うこん
日本では、春うこんは「胃腸に良い」、
秋うこんは「肝臓に良い」と言われている。
消化を促進し、血色を良くする。
血液を浄化し、肝機能を高める。
咳止めに効果があり、温めた牛乳と混ぜて飲むと良い。
殺菌・抗菌力が強く、ニキビ肌やオイリー肌に効果がある。






コリアンダーパウダー

コレも漢方で勉強したスパイスですね。
小荽子(こずいし)=香菜=コリアンダー

00022.jpg
葉っぱは、中国ではシャンツァイ、
タイではパクチーと呼ばれています。
麻疹(はしか)の初期症状に効果がある。
1600年代イスラエルでは、日焼け、肌荒れを防ぐ効果のある
化粧水が作られた。
消化不良を直す。




この4つのスパイスをよく使い、
コレがあれば、
大体作れるそうです。




 あ、




あああ~っ


今、書いていて気付きました。




後半3つのスパイスは、
(チリ・ターメリック・コリアンダー)
実は、
既に「ガラムマサラ」の中に、
入っています。
(当日コレに気付いていれば、質問出来たのに…


およよよ、
「ガラムマサラ」万歳 






・・・・・

でも、まだ…

なんか、ひっかかる。




伯母様から頂いた、
スパイスをもう一度見直してみた。





 あ、




あああ~っ







P8160323_convert_20101207235639.jpg

P8160324_convert_20101207235725.jpg


P8160326_convert_20101207235842.jpg




あれま~







全部揃ってル~ 





伯母様は、
アーユルヴェーダとか、
そゆ事何も言ってなかったけど、

用は、
家庭医学だから、
きっと当たり前のように使っているんだろうな。






他にも、
14種類のスパイスを簡単に説明していただきました。

・ナツメグ
・クミンシード
・マスタードシード
・コリアンダーシード
・フェンネルシード
・アジワインシード
・メティー
・サフラン
・クローブ
・シナモン
・カルダモン
・ブラックペッパー
・にんにく
・しょうが


漢方スパイスのセミナーの中にも、
出てきたスパイスがたくさんありマス。


一気にたくさんは覚えられない脳みそなので、
料理の勉強をしながら一緒に覚えるとします。




伯母様のスパイスから、
クミンパウダーも出てきました。

P8160325_convert_20101207235805.jpg

馬芹(うまぜり)=???=クミン

300px-Cumin-spice.jpg
カレー粉特有の香り。
タンドリールチキンにも使用。
消化を促し、胃腸内のガスがたまることを防ぐ効能があり、
熱帯地方では腹痛時や、
また肝機能を高めるために利用されている。




今日はスパイスの復習も出来て良かったデス。
伯母様のスパイス、
ちゃんと見てなかった事も、
よくわかりました。


次回は、
実際スパイスを使ったレシピを、
先生が見せてくれます





 つづく 



ランキングに参加しています。
↓これをクリックすると、一票はいります。




これからも応援してください
関連記事

 スパイス・漢方・ハーブ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。